次世代エネルギーで創る、新しい街。私たちに出来ること。
産業|ソーラーシェアリング|ソーラーシェアリングとは農業と太陽光発電を両立させるという画期的な取り組みです。

ほとんどの植物には、光飽和点というものがあります。ある一定以上の光を浴びても、それ以上の成長は見込めません。それどころか、過度な太陽光は植物にとっても有害です。ソーラーパネルを適度に配置することで、下の農作物に当たる太陽光は減少することになりますが、作物に影響はありません。

有害な光を遮ることができるため、より効率よく光合成ができるようになり、結果として収量は増えることがあっても、減りはしないのです。

農作物を生産しつつ太陽光発電もでき、従来の農業の新しい営農方法として注目されています。

再生・復興に十分な設備は整いつつあります。
産業用太陽光発電設備
広大な土地を使った大規模太陽光発電(メガ・ソーラー)。学校や工場、病院などの施設などの土地を利用した大出力な発電設備。

2015年、売電価格は少し下がりましたが、太陽光発電システムは近年急速に普及したことで設備自体の価格も徐々に下がりつつあります。
地上設置型の大容量太陽光発電設備は、節税効果や土地の再活用法としても魅力的です。

大規模太陽光発電

バイオマス発電

バイオマス発電は、地域で使用した木材の余りなどを加工した木材チップ等の自然素材を燃焼させた際の熱を利用して電気を起こす地産地消の発電方式です。

バイオマス発電

近年では、電気だけではなく雇用も生み出し、
地域の活性化に繋がる事業として普及が進んでいます。

バイオマス発電施設
バイオマス発電施設
次世代エネルギーで創る、新しい街。
私たちに出来ること。
  • 住宅
  • 産業
このページの先頭へ